コルドバンクスさんがゆく

中年昼行燈の勤め人が、キャンピングカー コルドバンクスで日遊びまくる日記。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いざ長崎へ(ハプニング)

7日9:00 起床 雨。

会社を出て、ネクタイ姿のまま
仮眠していたので、まずお着替え後
 「道の駅 鹿島」に来た記念に、写真を1枚。
 寒い朝で、ソフトクリームの看板を見ても
欲しくなる事もなく(^^)

5.jpg 
この道の駅の裏手は、有明海。
「ガタ」と呼ばれ、ムツゴロウの
住処で有名な海。

僕が学生の頃、「浜田省吾」や
「サザンオールスターズ」がピークでした。
若い衆は、カップル、友人と海を見る事が
お約束で、よくガタを眺めに行ったもんです。

6.jpg 
泥とも、ドベともいえる「ガタ」です。
果てしなく、粘土質の泥色です。

海=青色なんて、イメージは通用しません。
夕暮れ時は、綺麗な景色に染まったと
僕の、遠い記憶には残っています。

久しぶりの、有明海の匂い(^^)
瀬戸内でも、山陰(日本海)でもない。
 溝掃除で溜まった、ヘドロと海水を
同じ分量でシェイクし、1日程放置した
そんな、独特な海の香な訳です。

 ”「ガタ」に降りてみよう”沖に目をこらし
ながら、階段を下りると

ジャポーン(*゚0゚)・・・・・。
大失敗、水溜にはまりました。
沖を眺めながら、青春時代の思い出に
縛られていた僕は、足元を見ておらず
はまった後に、思い出しました。

ガタに降りると、足元が、泥まみれに
なるので、昔から階段が終わる場所に
泥を落とす為のプールがある場所がある。

8.jpg
膝まで、完璧にはまりました。僕がドジな
事が一番の原因ですが、地面の色と
ガタの色、似てるでしょ。
 寒いは、臭いわ。寝起きに着替えて10分後
このざまです。替えのズボンは1着あり。
替えの靴も準備していたのでOKです。
このハプニングで、寝ぼけた脳も活性化。
早速、WCを済ませ、長崎にGO!・・・・・・・・
と思いきや、予備の靴は、靴底がすり減り、
雨が降ると水が染み込んでくる事が判明。
起きて20分で、靴下2足アウト(≧0≦) 

諫早市に入り靴屋さんに飛び込み(^^)
7.jpg 
ガラも、履き心地も無視。
とりあえず、今回の旅の間もてばいい。
980円の特価靴を、速攻購入。5分以内で
屋さんで、買い物を終える人はなかなか
おらんやろ

これが、これから後、負の連鎖のきっかけに
なるとは、考えもしませんでした(・_・。)グスン

12:10  長崎市内到着。

眼鏡橋のかかる 中島橋上流、約1㎞の
コインパーキングへ 駐車場。30分200円。
1日最大1500円。

日が落ちる迄、龍馬さんを追いかけます。

| 2014年お出かけ | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ!長崎へ

長崎へのお出かけ記事、1週間遅れで
やっとご報告です。

親父の一人旅なので、自宅には戻らず
会社から直接、長崎に出発。これで3時間の
儲けです。

2月6(木)19:05
タイムカードを押し、会社から少しだけ
離れた場所で、ナビに行先をセット。1.jpg 

事前に、P泊が出来る事を電話で聞いて
いたので、「稲佐山温泉ふくの湯長崎店」
11.png
を目指します。今回は約520kmの走行ルート。
結構、ハードと思われ、眠たくなる薬は、今朝から
断って、挑みます。
2.png 
(*゚0゚)・・・・・
楽ナビの案内ガールさんがおっしゃるには
目的地まで、約16時間と・・・・
確かに・・・・ハード。
3.jpg 

広島市迄、2時間半。人口11万人超えの大都会
  鳥取県の総人口が6万人程ですから、約2倍が
  住んでるんでス(@@i)

田舎者の僕は、ビルの屋上でピカピカ光る照明を
見ると、東京・名古屋・大阪に来たような錯覚さえ
覚えます。
 都会は怖いので、市内を過ぎ、ファミマで休憩。
WCを済ませ、「紙パックジュース 1Lを」購入。
  この紙パックジュースはコンビニ業界で異色な
格安品且つ、長距離運転に非常にありがたい。
 レジ袋の中に入れたまま、長ストロ分だけ開口し
シフトレバーに引っかけると、こぼれる事無く、
飲みたい時に、すぐ飲めます(^^)
 会社の乗務員さんに、教わった飲み方です。

日が変わり、九州に入る時に必ず立ち寄る
関門トンネル料金所事務所で2度目の休憩。
4.jpg 
九州に入り、雨が雪に変わり、いやな雰囲気。
眠気防止、気分晴らしを兼ねて、運転しながら
「浜田省吾」と1時間程、デュエット(^^)

雪が激しく降り始めたので、飯塚の「道の駅
いとだ
」で、朝、嫁さんがこさえてくれたおにぎり
4個を食べ、30分程休憩。
(写真ピンボケの為HPから拝借)
321.png
うぐいす有料道路(200円)をケチり、一般道で
冷水峠を走りましたが、どんどん寒くなるし、目の前
ブリザード状態。路面は真っ白。
 夜中、知らない場所で一人ぼっち。さすがに
怖かったです。

神埼、佐賀、近辺は、学生時代に過ごした場所。
26年も前の事なのに、思い出を思い出にできない僕。
 タイミング悪く、ナビから狙ったように中村雅義さんの
心の色
ふれあい
いつか街で会ったなら
俺たちの旅
が流れてしまい、”こんなになってしまうなんて”
”あの頃は夢で一杯だったのに”・・・・と
とうとう、48歳運転しながら嗚咽。
家族が居なくてヨカッタ。

逃げるように、佐賀を走り鹿島市へ。
”もうアカン。これ以上起きてたら、青春時代に
潰される・・・・いや、疲れが限界で心が弱ってる”
僕が過去を捨てきれないのか、みんな思い出を
奥底に沈めて、今を生きているのかが、僕には
分からない。

そんな訳で「道の駅 鹿島」で、本日の走り終了。
7日5:30 464km。


つづく

| 2014年お出かけ | 01:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。