コルドバンクスさんがゆく

中年昼行燈の勤め人が、キャンピングカー コルドバンクスで日遊びまくる日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長崎(龍馬海援隊巡礼の旅)

巡礼の旅も終盤。 残すは、
「近藤長次郎(饅頭屋長次郎)さんの
お墓参り。

長次郎さんは、龍馬さんと、生家が
ご近所で、商いの才があり、札超同盟
の立役者の一人として、長州藩主
毛利敬親
から謝礼の言葉を直々に受けてます。長州
への武器仲介は実際には 長次郎さんが
行っていたようです。
亀山社中に創立に関わり社中切り盛りでは
片腕の 存在でしたが、士農工商の差別
海外への憧れ、幕末の動乱より、動乱後の
世界での商い、資金 調達などに、思考が
走り密航を計画。
この事が、社中への「裏切り」ととられたり
又「密航を社中が 画策したと公儀が判断
する可能性などを問われ 切腹した方です。
12321_convert_20140219005352.png
亀山社中、海援隊、三菱。長次郎さんが
居なければ 、今の三菱も無く・・・・・ゆえに
三菱がルーツの ボーナスも無い、つまらん
世の中になっていた可能性 もあるわけで。

龍馬の手記にも「術数有り余って至誠足らず。
上杉氏身を亡ぼす所以なり
」と彼を評価。
龍馬の妻「お龍」が回想録で
「龍馬が”己が居ったら 殺しはせぬのぢゃった
と悔やんでしておりました。 と残しています。

長次郎さんは長崎寺町の晧台寺、小曾根家
(海援隊スポンサー)墓所の一画で眠っています。

繧ュ繝」繝励メ繝」_convert_20140219003558 
(
@@i)家紋が、徳川家、三つ葉葵。
「長崎三大寺」の一つ晧台寺と称されるだけあり
右手の看板を見るだけで、お金持ち~。
拝観料ナンボ?(無料)とても、入りづらい。
18-2.jpg 
 左手には、これまた高そうな、幼稚園の看板。
昨今、幼児趣味、不審者が多く、一層敷居が
高く感じました。
19-2.jpg 
先ず、山門をくぐり、本堂の仏さんにご挨拶。
でかいです「
IMG_2339_convert_20140219010444.jpg
兎に角、でかいお寺さんで、福山にはこのサイズの
お寺さんはありません。左に曲がり、幼稚園の
運動場を通過。この時は幼稚園舎を見て、曲者と
思われないよう、合掌したまま、うつむき歩きます。

 墓地に出ますが、貧血を起こさないよう、覚悟して
右に体の向きを変えます。
IMG_2342_convert_20140219010521.jpg 
ウワァァ━━。゜(゜´Д`゜)゜。また、階段~
゚・。(。/□\。)。・゚ウワーーーン。
巨人の星の
トレーニングが、頭の中でフラッシュバック。
また、コートを脱ぎ、ヒーヒー上り
やっと、発見。

IMG_2343_convert_20140219010558.jpg 
墓碑には、小曾根邸の離れの屋敷名をとって
「梅花書屋氏墓」と記されています。
長次郎さんの、お墓は、もともとは、別の場所で
朽ち果てそうになっていたのを移設したとの
説もあります。
墓碑の筆跡は龍馬のものとも言われていますが
真実は、歴史に飲み込まれ・・・・諸行無常。
 

般若心経を唱え、墓地を下っていると、左足に
違和感を感じた途端、こむら返り~。 死ぬ~。

考えてみれば当然です。昨夜のおにぎりから
何も食べず、飲み物は紙パックカルピスだけの
状態で、亀山社中、風頭公園へ登り、道案内で
再度、亀山社中を往復し、長次郎さんの墓参り。

体のカリウム・ナトリウム不足に加え、急な
激しい運動ですもん。
誰もいない小雨降る墓場の階段にうずくまり
アキレス腱をゆっくり伸ばし、足の親指を反らせ
ふくらはぎを15分程マッサージ。

痛み和らいだので、右足を頼りに階段を
下り、幼稚園前を、足を引きずり、 山門迄
辿り着いたところで、右足に違和感を
感じた時には、時すでに遅し。右足が
こむら返り~エエェェ((゚д゚; ))ェェエエ

小雨と人目を避け山門の陰へ這って移動。
これが俗にいう、旅人行き倒れ。゚(゚´ω`゚)゚。
 今度は30分程休憩し、何とか動ける
状態になりましたが、こむら返りで地べた
へ直接座り込んでいたので、パンツが濡れ
寒い寒い。

水、食料、着替え目的で一旦、コルドへ避難を
決断。道は分からないけど、方向を頼りに
ヨタヨタ歩いていると、またお導き(^^)
上野 彦馬誕生の地の前を通ってしまい。
 上野彦馬さんは、日本で初めて認められた
プロカメラマン。
代表作はこの写真
Sakamoto_Ryōma 
志士ではなく、カメラマンですが、志士たちご用達
プロカメラマンです。
IMG_2344_convert_20140219211947.jpg
全く、これっぽっちも似ていない銅像も有ったので
記念に1枚パシャ!
聖徳太子と武田鉄也の像か?(^^) 
 
1-11.jpg

すでに、辺りは薄暗く、「長崎ランタン祭り」の
準備準が・・・・。
DSCF0049_convert_20140219222305.jpg 
足早に歩いて、コインパーキングへ戻る途中
またも、左足が無人コブラツイスト状態。しぬ~。
僕は、何と戦ってるんじゃろ?。
僕、ランタンフェスティバル見れるんじゃろうか。

龍馬巡礼の旅は、これにて終了です。
こんな感じで、歩きました。
竜馬がゆく道

また、長文になってしまいました。
龍馬さんの記事になると、抑制・整理が出来ず
ごめんなさい。

ランタンフェスティバル記事は、週末UPかな~

スポンサーサイト

| 2014年お出かけ | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://corde2011.blog9.fc2.com/tb.php/341-2987c2f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。