コルドバンクスさんがゆく

中年昼行燈の勤め人が、キャンピングカー コルドバンクスで日遊びまくる日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

憧憬の路(夜の竹原)

土曜日は体調が優れず、軽い偏頭痛。
「お出かけ」の解放感と緊張で、その内
治まるだろうと、期待していましたが
吐き気迄、してきたので、16時から
キャンピングカーで休息(寝てました)

18:00、アラームで寝覚め、車窓から
外を覗くと、既に日が沈み、
\(^◇^)/後頭部と、こめかみ
目の周りの痛みも治まっていました。

嫁さんに借りた、デジカメと、自前の三脚
を抱え出陣です。

憧憬の路」は本当に、期待以上に美しく幻想的。
なっかしさ、寂しさまで感じ、写真撮りまくり。

ミラーレスも、撮影の技術も構成も、持ち合わせて
いませが、このブログを 見てくださってる誰かが、
憧憬の路」に来られる事を夢見て
写真貼りまくり ます。
今回は、UPした全ての写真、クリックで
拡大ページが開きます。


この灯りが町のいたる処で、柔らかいひかりで
道と家々を照らします。
憧憬の路 街の風景
温かい灯りでした。
CIMG0194_convert_20131029213548.jpg CIMG0240_convert_20131029214358.jpg

CIMG0215_convert_20131029213515.jpg CIMG0307_convert_20131029220611.jpg
竹灯りと影が、きれいすぎ~。
CIMG0299_convert_20131029220424.jpg CIMG0303_convert_20131029220515.jpg

CIMG0294_convert_20131029220151.jpg CIMG0313_convert_20131029220816.jpg

お寺への路・階段の灯り
CIMG0215_convert_20131029213515.jpg CIMG0217_convert_20131029213651.jpg

CIMG0273_convert_20131029215409.jpg CIMG0225_convert_20131029213907.jpg

CIMG0319_convert_20131029220927.jpg CIMG0282_convert_20131029215625.jpg

CIMG0275_convert_20131029215512.jpg CIMG0292_convert_20131029215957.jpg

地蔵堂付近の灯り
CIMG0202_convert_20131029213309.jpg CIMG0200_convert_20131029213006.jpg

CIMG0199_convert_20131029212902.jpg CIMG0197_convert_20131029212749.jpg

おもてなしの竹灯り
CIMG0247_convert_20131029214738.jpg CIMG0263_convert_20131029215125.jpg

CIMG0244_convert_20131029214529.jpg CIMG0206_convert_20131029213434.jpg

心が温かくなる
女の子や、男の子が作ったと思われる
イラストと夢やあ感謝の気持ちが書かれた、竹灯篭。癒されました。
↓の竹灯りには” いつもありがとう” と。
いつもは素直に言えない言葉なのかも(T T)
CIMG0222_convert_20131029213823.jpg CIMG0221_convert_20131029213742.jpg  CIMG0288_convert_20131029215911.jpg
紙灯篭は、観光で訪れた方も書かせてもらえる
様です。(アニメで見ました)
ここにも、優しい言葉が(T T)
CIMG0235_convert_20131029214247.jpg 


町並み保存地区が全て優しい灯りに包まれ
下の写真の紙の灯篭群は、地元小学生が作ったと
思われ、学年、組、名前と、将来の夢が書いてあり
僕にも、夢ありました(T T)
まさか、こんなおやじに成り果てるとは・・・・。

 ”どうか、子供たちの夢がかないますように。”
50まじかのおっさんが、この灯篭軍の前で
手を合わせてお祈りしてしまいました(^^)
 後から思うと、恥ずかしいです。
雰囲気に、酔いしれ素直になってたんでしょうか(^^ii
CIMG0233_convert_20131029214127.jpg CIMG0227_convert_20131029214000.jpg
カーブミラーも憧憬の路          竹にちなんでかぐや姫
CIMG0311_convert_20131029220703.jpg CIMG0266_convert_20131029215330.jpg
竹のアーケード。昼間に見たイメージとは全く違い
きれいでした~。
CIMG0249_convert_20131029214840.jpg CIMG0252_convert_20131029214922.jpg
                            
CIMG0259_convert_20131029215026.jpg
おまけ

CIMG0264_convert_20131029215216.jpg 
路で和服姿の方々が、横笛で演奏。大抵”うるさく”
感じるはずの僕が、心地よさを感じられ。
 古民家?旧家から、ピアノコンサートがあったようで
憧憬の路の喫煙場で、柄にもなくピアノ演奏を聴いたり
したりしまして(^^)

憧憬の路がスタートした直後、やっさ踊りのお姉さん
おば様も、路を練り歩かれたようです。ピンボケで御免なさい。
CIMG0204_convert_20131030002406.jpg 
またまた、喫煙所で一服していると、去年定年された
男性の方から、声をかけられお話させて頂きました。
神奈川から、来られたとの事。宿(ホテル)が満杯で
尾道でやっと予約できた事を、旅の話として伺いました。

 
 姫路から来られた、定年間近のオジサンにも
お声掛け頂き、”旅好きなら、ミラーレスカメラを是非
買うべきだ” と力説頂き(^^)
”べき”と言う言葉は説得力があり、買うべきか思案中
21:00過ぎ
観光客でざわついていた憧憬の路も、人通りが
減り、幼い子供達のはしゃぐ声が、憧憬の路の
あちこちで、聞こえ始めました。
蝋燭の火を、吹き消しいつもの、静かな竹原の夜を
向かいいれるのは、子供たちの役割のようです。
イベント中は、観光客に楽しんでもらえるように
静かに家の中に居るようにしていたの

と、幼い子供たちを見守る、お母さんに伺いました。

やっと、いつもの町にもどる事、夜遅く家から出て
兄弟、友達と競争しながら、蝋燭の火を吹き消す
姿はとても可愛く、お母さんに了解を得て
写真をパシャ!
CIMG0323_convert_20131029221021.jpg 

「憧憬の路」は終わりましたが、
11/2・3にも、竹灯りがともされます。
10/26.27に来れなかった方の為に
今年だけ、2週行われます。

詳細はこちら
NPO法人ネットワーク竹原

次回は、おたく?
アニメ「たまゆら」プチ巡礼(^^)






スポンサーサイト

| 2013年度 おでかけ | 22:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご無沙汰しております~。
実は明日から二泊三日の旅行に出かけます。
最終日に竹原観光を予定していたので本当にびっくりです。
アルパパにお願いするまでもなく、
一週間ほど前にアルパパから提案がありました。
偶然続きですね~。

アニメの影響で若い人に人気が出ていると聞きましたがそれが「たまゆら」というアニメなのですね。
それにしても・・・私の知っている20年前の竹原に比べ随分小奇麗になった印象です。
あんなに石畳の道があったかしら・・・。

憧憬の路、うっとりするほど美しいです。
もう一度竹原関連の記事をじっくり拝見して予習しておきます。

| アル姉 | 2013/10/31 19:49 | URL |

最近各地で竹灯ろうの催しが増えてきましたね。
竹原もその一つではないでしょうか。
竹灯ろうはどこも似たようなものですね。

でも温かみのある竹灯ろうの明かりは良いですよね!

| のんびりカメ | 2013/10/31 20:57 | URL |

アル姉さん、いらっしゃいませ

明日から2泊3日だと、憧憬の路観れますね。
先週の「憧憬の路」は、一般観光客様用で
今週は、アニメファン様用との事。
昨年の「憧憬の路」に、人が殺到したらしく
今年は分散を狙ったとか。
広島市内でも「たまゆら」のイベントが企画され
日曜日がピークではないかと。

バイオリンコンサートや、アニメ製作スタッフさんの
トークショウ等もあるようです。

旅、道中お気を付けて。体調も気を付けて行ってらっしゃいませ。

| えいじょう(おかやん) | 2013/11/01 01:44 | URL |

かめさん、おこしやす。

> 最近各地で竹灯ろうの催しが増えてきましたね。
やはり、そうなんですね。
萩を訪ねた際、10月中頃に、それらしきライトアップの
ポスターと、萩マラソンポスターが、貼付されていまして
”なんじゃこれ?小京都グループの共同企画?”て
考え、一人笑いしたんですよ。

> 竹灯ろうはどこも似たようなものですね。
僕、若いから「竹灯篭」初めて見たけん、よう知らんです(^^)
11月9/10は、デルタリンクのオフ会です。
まだ、復活には時がかかりそうですから、実行しませんが
10個程用意したら、キャンカー誌に、久々登場かも(^^)

> でも温かみのある竹灯ろうの明かりは良いですよね!
そう思いました。流行りのLEDも悪くないですが
えらい、ゆったり、優しい気持ちになれました。
その内、竹灯篭作ろうと考えています。

| えいじょう(おかやん) | 2013/11/01 01:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://corde2011.blog9.fc2.com/tb.php/322-b3e70a17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。