コルドバンクスさんがゆく

中年昼行燈の勤め人が、キャンピングカー コルドバンクスで日遊びまくる日記。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長﨑の旅 最終報告

こんばんは、長崎への旅の報告
更新が遅れ失礼しました。

では、
ランタンフェスティバル鑑賞後
こむら返り早期治療目的で
長崎市内の温泉へGO!

長﨑への旅に備え、事前にチェック
していた「
稲佐山温泉ふくの湯長崎店
に向かいました。
長﨑市内から、20分程の距離にあるので
コインパーキングの支払いを済ませ、休む
事無く、移動を再開しましたが、運転15分程
の地点で、左足がこむら返り。
路肩に停車し、痛みをこらえていると、右足も
こむら返りを起こし、右を向いも左を向いても
体を伸ばしても、激痛。
またまた、20分程小休止して、何とか事故
せずに、お風呂へ到着。
15fr.png
繧ュ繝」繝励メ繝」kyfvjj_convert_20140227234815
大人800円と少々高めの利用料ですが
金・土・祝前日は、営業時間が
朝9:30~深夜2:00。遅く迄利用が魅力。
且つ、稲佐山中腹からの夜景と、受付で
一声かければ、駐車場で車中泊ОK。
 だって、食堂でアルコール販売して
いるので、運転ありきは、公序良俗に反し
コンプライアンスに外れるでしょ。
(事前に、車中泊可能も確認済み)

足の状態は芳しくなく、運転席から降りる
だけの事で、難儀しました。

此処のお風呂には、炭酸、寝湯、バブル
露天、サウナ等豊富な浴槽があり、先ず
寝湯で、筋肉の緊張をとった後「電気風呂」
に、使ったのが運の尽き。
はじめは、緩やかなビリビリ感でしたが
次第に、電気が強くなり ”やばい” と思った
途端、またまた両足がこむら返り。
立つことも、逃げることもできず、水没。
老若男子の出汁を、しこたま飲んだ頃
他のお客様にレスキュー頂き、温泉スタッフに
支えられ、お着替え、休憩室迄搬送頂く・・。
 アクエリアスを、ご馳走になり・・・・・・・。
大迷惑な客になってしまいました。

足が痛く動けないため、閉店の2時迄仮眠。
少し歩ける事を、スタッフさんが見届け
清算、退場となりました。

コルドで、そのまま仮眠すべきですが
”このままでは、運転もできなくなる”可能性を
考え、少しでも、仲間のいる佐賀に近い場所
又、自宅に近い場所へ移動する事にしました。

此処迄、弱っているのに、長崎の夜景を写真
に残したくて、運転席から記念写真をパシャ。
稲佐山中原夜景
あまり、綺麗にとれませんでした。

お風呂、アクエリアス、仮眠効果で
思いの外、足の調子も、意識も好調。
 長﨑、武雄、佐賀、神埼と楽々運転。
此処でまた、欲が出ました。

トラック野郎御用達の久留米「丸星ラーメン」が
すごく喰いたい・・・・・・。
学生時代、女に降られた男友達は、深夜の
孤独に耐え切れず、仲間に助けを乞い、
”おごるけん、丸星喰いにいかんや”と・・・・・。
降られ虫の寄生木だった店です(24時間営業)
昔「刑事犬カール」というドラマの、刑事犬モデル
を育てた店。深夜3時~6時迄「走れ歌謡曲」と
いう、トラック野郎用ラジオで、交通情報を提供
してた店です。
IMG_2371_convert_20140228003745.jpg 
写真写り最悪、連れのブログから昼の写真拝借。
繧ュ繝」繝励メ繝」_convert_20140228004201 159999999999_convert_20140228004235.png
僕が学生の頃は、店のおばちゃんに、
”タバコの灰皿ばくんしゃい”と言うと
なんこの素人は!てな顔されて床に
捨てるよう指を差されていましたが
今は、衛生上の問題で改善された模様。
 また、バナナの叩き売りの様に、販売
されていた、バナナの山が無くなり、壁には
「写真撮影禁止」のポップが貼られてます。
 時代の流れには逆らえないようですが
ラーメンの味、スープを前飲みした時に
どんぶりの底に溜まる、ガラ粉。そして
1杯380円の格安料金はそのままでした。
替え麺(替え玉)3個追加で680円(^^)

7日というか、8日早朝、九州で初めて
まともな食事をして、歳出発。

6時。「道の駅うすい」でP泊。
esq_convert_20140228010019.png 
9時30起床。
WCを済ませ。即移動開始。
此処で、ハタと気づきました。
8日は土曜日。高速半額じゃんか!
高速に進路変更!
158.png 
楽勝!これで無事帰れます。
バンバン走り、九州脱出。
下松SA上り線」で休憩、ノルマ的
喰わんといかん料理との出会いが(^^)
長州晋作御前
IMG_2372_convert_20140228011406.jpg 
龍馬さんを訪ね、高杉さんに不義理は
しちゃいかん。
勇気を出して、財布を開きます。
こん旅、最高の出費して、足に滋養補給。
IMG_2377_convert_20140228011432.jpg 
鯛の押寿司。天ぷら(フグ・海老などなど)、汁、
冷茶わん蒸し、抹茶わらびもち。
とても美味。これは、癖になります。
リピート客が一人増えました。

気分最高!天国!。とくれば、後は下るだけ。
高速が雪で通行止め。それも広島の1個手前の
岩国~西福山間。狙い撃ち。神さんは試練を
与えます。
IMG_2375_convert_20140228011452.png 
岩国では、約1km進むのに2時間強の金縛り渋滞。
ナビで、16時着が、20時過ぎ・・・21時過ぎ延長。
こんな大渋滞は、自動車免許取得以来、初めて。

イライラ。

そして、止めの痛ーい一発。
なんと、広島市を越えた辺りで、ナビで再生してた
AVが ”ブツッ”と言う、破滅の音を鳴らした後
無言の業に入りまして、CD,TV,ラジオ、USB
メモリーカード・・・・。全ての音楽が、無言。
 ナビの案内お姉さんも、僕を完全無視。
音声ボタン、ナビボタンなど、操作音も黙秘。

22時頃でしたか、自宅に到着しました。
6日夜~8日夜の3日の超過過密旅は、こうして
幕を閉じました。

ええ事、悪りい事の繰り返し。波乱万丈、寝不足
こむら返りの旅が、良い思い出に変わるには
少し、ほんの少し時間がかかりそうです。
 こむら返りの後遺症で、9日~11日の3日間
ポカリスエット、ヨーグルト、生卵三昧で、
こたつに寝たきりで、赤外線治療。

甲斐あって、2月12日 5日振りの仕事には
無事、出勤できました。ただし、股ずれ姿での
出勤は回避できませんでしたけどね。

さて、次はどこへ。自分の体をいじめるのも
そこそこにせな、人さんにご迷惑をかけちゃう
事が、やっと判った48歳です。


長﨑の旅、これにて報告終了です。
長いことご清聴ありがとうございました。

では、おやすみなさい。
スポンサーサイト

| 2014年お出かけ | 01:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長﨑 ランタンフェスティバル2014(2)

いきなり、「股ずれ」の文字から始まります。

股ずれしたように、足を開いて歩けば、動ける
事が何となくわかり、中華街へ。
ここからの写真は喰モノ以外、Wクリックでデカくなります。
DSCF0063_convert_20140221221213.jpg DSCF0064_convert_20140221221327.jpg
とても、綺麗。異国情緒ただよう幻想的な世界。
東西南北4ヶ所の入口には朱塗りの中華門が
あり、東門は青龍、西門は白虎、南門は朱雀
北門は玄武と、方角の神神獣で守られています。
 写真の門は東門です。

東門の向かいに、 タバコ喫煙所と書かれた
仮設テントが(^^)
足を休ませれる。タバコも吸える
テントに入ると仰天(@@i)テント内は暖か!
青と白のストライプ柄のミニスカワンピースの
お姉さんが笑顔でお迎え。

な・・なんじゃ?風俗有料喫煙所?”
フィリップモリスジャパンの販促イベントで
簡単なアンケートと、試供タバコ1本吸うと
ホット缶コーヒーと440円のタバコ1箱頂けちゃう。
のんびり休憩して、中華街に戻りました。

旨そうな誘惑
「脆麻花(よりより)」
IMG_2367_convert_20140221230536.jpg 
肉まん 1個 50円。ついに財布の口が
開きました。2個も買っちゃいました。
これで、福山を出てから飲食代230円。
歩きながら、完了食。うみゃ~です。
IMG_2366_convert_20140221230508.jpg 
続きざまに、「海老春雨」。初喰い品。
1個購入。食費500円代突破。IMG_2368_convert_20140221230558.jpg
ブチうみゃ~。食いかけ写真で失礼します。
これまた、歩きながらアッちゅー間に完食。
IMG_2364_convert_20140221230432.jpg 
財布のリミッター解除です。
豚の角煮饅頭 250円。食欲が勝ちピンボケ。
IMG_2369_convert_20140221230738.jpg 
食べながら歩いてたら、湊公園に出ちゃいました。
歩天になってました。

湊公園会場
DSCF0074_convert_20140221221727.jpg DSCF0073_convert_20140222040000.jpg
公園内のステージで、爆竹と太鼓、中国楽器に
合わせ、蛇踊りが演じられていました。
DSCF0065_convert_20140221221403.jpg DSCF0067_convert_20140221221500.jpg
これは、道教のお寺見たさに台湾に旅行した時 
観ましたが、本場と見劣りせず、十分楽しめました。
来て良かった。

次は唐人屋敷会場に向かいます。
土神堂、天后堂、観音堂福、建会館
道教の神社が4廟あります。
期待してのりこみました。
DSCF0084_convert_20140221222222.jpg DSCF0082_convert_20140221222000.jpg
日本の神社。仏閣と異なるのは当然で
キョンシーが出そうな雰囲気。ワクワク。
DSCF0083_convert_20140221222124.jpg DSCF0090_convert_20140221222634.jpg
ん?シンガポール・香港・台湾の道教と比べ
参拝者がえらく少ないような。
DSCF0093_convert_20140221222840.jpg DSCF0097_convert_20140221223132.jpg
ような?ではなく参拝者がおらん。長崎には
華僑さん不在。それとも仏教。キリスト教に
改宗されたんか?
DSCF0098_convert_20140221223224.jpg DSCF0100_convert_20140221223309.jpg
この廟だけは、ある程度賑わっていましたが
道教の神々への信心ではなく「二胡」演奏を
聴きに来られているご様子。
媽祖神がお雛さんに見えるのか、お祈りより
ライブ重視か?
DSCF0101_convert_20140221223404修正


廟に祭られた、道教の神々は、いい味出してました。

[航海の神・媽祖]        [財神、護国救民の神関帝]
DSCF0089_convert_20140221222542.jpg DSCF0094_convert_20140221222920.jpg 
[ご存じ仏様・観世音菩薩]  [土地神・福徳正神]
DSCF0096_convert_20140221223003.jpg DSCF0079_convert_20140222050703.jpg 
そういえば、赤蝋燭はあったけど、廟にはお約束の
長~い線香とお札、ありませんでした。 

もしかすると、今回パスした「孔子廟」なら・・・・。
そう言えば、龍馬伝でも現役の廟に見えましたし
足の痛さに負けて、見るべきものを見落とした
可能性ありあり。

ランタン装飾
綺麗、異国情緒は感じれましたが、打倒ねぶた的
ライバル心を、つい感じてしまった。
DSCF0108_convert_20140221223617.jpg DSCF0109_convert_20140221223721.jpg
豚         虎          悟空(眼鏡橋)
DSCF0110_convert_20140221223758.jpg DSCF0111_convert_20140221223912.jpg DSCF0127_convert_20140221225838.jpg

DSCF0107_convert_20140221224113.jpg DSCF0106_convert_20140221224000.jpg 

その他、綺麗と感じた風景
DSCF0114_convert_20140221224220.jpg DSCF0121_convert_20140221224627.jpg

DSCF0116_convert_20140221224532.jpg DSCF0122_convert_20140221225212.jpg

他に、「媽祖行列」「中国獅子舞」「皇帝パレード」など
見残したイベントがありますが、足のこむら返りが続き
帰路、休み明けの仕事に支障が出そうなので、
勇気ある?撤退を決断。 
繝・け繝・け繝ゥ繝ウ繧ソ繝ウ_convert_20140222011805 
(同じくキョリ測で、ランタンフェスティバル散歩を計測。6.3km。7880歩。
484カロリー(おにぎり3個)消費。寄り道せず、歩いて1時間58分。

駐車場代金は、1日最大の1500円。十分元を
取ったと満足し、疲れを癒すため、お風呂に向かいます。


つづく  

| 2014年お出かけ | 14:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長﨑 ランタンフェスティバル2014(1)

龍馬さんの足跡を辿った後、コインパーキングに
避難し、水分・スルメイカで、エネルギー補給。
(キョリ測で、龍馬巡礼散歩を計測してみると5.4km6752歩。
 414カロリー(おにぎり2.6個)消費。寄り道せず、歩いて1時間41分

その割に、しんどかった~。 きっと高低差を加味してない計算です。

20分程休んで、ランタンフェスティバルへ。

長﨑は面白いです。
アーチ型石橋 眼鏡橋は当然知っていますが
他にも、幾つもの石橋を眺めながら、会場へ。

IMG_2359_convert_20140221230343.jpg 
石橋は、階段式の為車いすの方は介助が
無ければ渡れません。
何がノーマライゼーションか!
数百メートル歩くと、また石橋。銭が捨てるほど
この街は栄えてたんでしょうな~。
 こんなものも、発見しました。
長州の桂さんご用達「玉川亭」跡。
IMG_2351_convert_20140221232316.jpg 
今では、「友愛八幡町保育園」です。実に面白い(^^)
IMG_2352_convert_20140221230808.jpg 



ランタンフェスティバルマップ
赤丸をつけた会場を重点的に回りました。

写真Wクリックでデカくなります。
154.png 
眼鏡橋で、ハートストーン1個見つけ(^o^ v)
 DSCF0051_convert_20140222014310_convert_20140222014712.jpg
僕の撮ったハートストーンはピンボケ
なにかしら、納得できる写真になりました。
 あとから、若いカップルに、”石をバックに
写真を撮って~”
と依頼され、こんな話を
話を教えてもらいました。
縦長、見切れた石が「I」。ハート石が「LOVE」
「U」の石もあるとかで、I LOVE YOU。

20年若ければ、僕も共感できたでしょうが
おじさんには、単に話のタネ( ^∀^ )・・・・
補足:ハートストーン
眼鏡橋付近の
堤防にハートの形をした石が20個前後嵌められており
愛を願うパワースポットとして人気なんだそうです。


昨夜から、スルメイカしか食べてないので
中華街へ向かいます。が・・・・。
また、こむら返り~。それも両足ヽ(゚`Д´゚)ノ
 壁に体重を預け、辛抱したけど、あまりの
痛さで、立てなくなり、道に倒れもがく・・・。
 ギャラリー、好奇心と同情の視線を体験。

大丈夫ですか、救急車呼びましょうか
よかよか!持病やけん、すぐ治まるけん

恥ずかしい。走って、その場から逃げたいけど
痛うして、何とか痙攣が治まり、ヨチヨチ歩きで
商店街の休憩椅子に、緊急避難。


休憩しながら、この状況は尋常でないかも
タクシーで、一旦車に戻るかを思案していると
すぐ、近くに人だかりが・・・・。
馬鹿ですから、人だかりが気になり、ゆっくり
静かに歩き、近づいてみると「中国雑技団」の
路上パホーマンスが始まりまして。

ラッキー!これも龍馬さんの導きか
中国独楽のお姉さん(^^)写真撮りました。
DSCF0054_convert_20140221220157.jpg
続いて、お兄さんのジャグラー
DSCF0060_convert_20140221220228.jpg
生の雑技団、初見です。
それも、地べたに直に座って足を休めても
誰も、違和感を感じない。やっぱり運がいい?
20分強程、目の保養と足の養生ができ、
僕、復活!

次回、やっとランタンフェスティバルの
本編です。

では、おやすみなさい。

| 2014年お出かけ | 03:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長崎(龍馬海援隊巡礼の旅)

巡礼の旅も終盤。 残すは、
「近藤長次郎(饅頭屋長次郎)さんの
お墓参り。

長次郎さんは、龍馬さんと、生家が
ご近所で、商いの才があり、札超同盟
の立役者の一人として、長州藩主
毛利敬親
から謝礼の言葉を直々に受けてます。長州
への武器仲介は実際には 長次郎さんが
行っていたようです。
亀山社中に創立に関わり社中切り盛りでは
片腕の 存在でしたが、士農工商の差別
海外への憧れ、幕末の動乱より、動乱後の
世界での商い、資金 調達などに、思考が
走り密航を計画。
この事が、社中への「裏切り」ととられたり
又「密航を社中が 画策したと公儀が判断
する可能性などを問われ 切腹した方です。
12321_convert_20140219005352.png
亀山社中、海援隊、三菱。長次郎さんが
居なければ 、今の三菱も無く・・・・・ゆえに
三菱がルーツの ボーナスも無い、つまらん
世の中になっていた可能性 もあるわけで。

龍馬の手記にも「術数有り余って至誠足らず。
上杉氏身を亡ぼす所以なり
」と彼を評価。
龍馬の妻「お龍」が回想録で
「龍馬が”己が居ったら 殺しはせぬのぢゃった
と悔やんでしておりました。 と残しています。

長次郎さんは長崎寺町の晧台寺、小曾根家
(海援隊スポンサー)墓所の一画で眠っています。

繧ュ繝」繝励メ繝」_convert_20140219003558 
(
@@i)家紋が、徳川家、三つ葉葵。
「長崎三大寺」の一つ晧台寺と称されるだけあり
右手の看板を見るだけで、お金持ち~。
拝観料ナンボ?(無料)とても、入りづらい。
18-2.jpg 
 左手には、これまた高そうな、幼稚園の看板。
昨今、幼児趣味、不審者が多く、一層敷居が
高く感じました。
19-2.jpg 
先ず、山門をくぐり、本堂の仏さんにご挨拶。
でかいです「
IMG_2339_convert_20140219010444.jpg
兎に角、でかいお寺さんで、福山にはこのサイズの
お寺さんはありません。左に曲がり、幼稚園の
運動場を通過。この時は幼稚園舎を見て、曲者と
思われないよう、合掌したまま、うつむき歩きます。

 墓地に出ますが、貧血を起こさないよう、覚悟して
右に体の向きを変えます。
IMG_2342_convert_20140219010521.jpg 
ウワァァ━━。゜(゜´Д`゜)゜。また、階段~
゚・。(。/□\。)。・゚ウワーーーン。
巨人の星の
トレーニングが、頭の中でフラッシュバック。
また、コートを脱ぎ、ヒーヒー上り
やっと、発見。

IMG_2343_convert_20140219010558.jpg 
墓碑には、小曾根邸の離れの屋敷名をとって
「梅花書屋氏墓」と記されています。
長次郎さんの、お墓は、もともとは、別の場所で
朽ち果てそうになっていたのを移設したとの
説もあります。
墓碑の筆跡は龍馬のものとも言われていますが
真実は、歴史に飲み込まれ・・・・諸行無常。
 

般若心経を唱え、墓地を下っていると、左足に
違和感を感じた途端、こむら返り~。 死ぬ~。

考えてみれば当然です。昨夜のおにぎりから
何も食べず、飲み物は紙パックカルピスだけの
状態で、亀山社中、風頭公園へ登り、道案内で
再度、亀山社中を往復し、長次郎さんの墓参り。

体のカリウム・ナトリウム不足に加え、急な
激しい運動ですもん。
誰もいない小雨降る墓場の階段にうずくまり
アキレス腱をゆっくり伸ばし、足の親指を反らせ
ふくらはぎを15分程マッサージ。

痛み和らいだので、右足を頼りに階段を
下り、幼稚園前を、足を引きずり、 山門迄
辿り着いたところで、右足に違和感を
感じた時には、時すでに遅し。右足が
こむら返り~エエェェ((゚д゚; ))ェェエエ

小雨と人目を避け山門の陰へ這って移動。
これが俗にいう、旅人行き倒れ。゚(゚´ω`゚)゚。
 今度は30分程休憩し、何とか動ける
状態になりましたが、こむら返りで地べた
へ直接座り込んでいたので、パンツが濡れ
寒い寒い。

水、食料、着替え目的で一旦、コルドへ避難を
決断。道は分からないけど、方向を頼りに
ヨタヨタ歩いていると、またお導き(^^)
上野 彦馬誕生の地の前を通ってしまい。
 上野彦馬さんは、日本で初めて認められた
プロカメラマン。
代表作はこの写真
Sakamoto_Ryōma 
志士ではなく、カメラマンですが、志士たちご用達
プロカメラマンです。
IMG_2344_convert_20140219211947.jpg
全く、これっぽっちも似ていない銅像も有ったので
記念に1枚パシャ!
聖徳太子と武田鉄也の像か?(^^) 
 
1-11.jpg

すでに、辺りは薄暗く、「長崎ランタン祭り」の
準備準が・・・・。
DSCF0049_convert_20140219222305.jpg 
足早に歩いて、コインパーキングへ戻る途中
またも、左足が無人コブラツイスト状態。しぬ~。
僕は、何と戦ってるんじゃろ?。
僕、ランタンフェスティバル見れるんじゃろうか。

龍馬巡礼の旅は、これにて終了です。
こんな感じで、歩きました。
竜馬がゆく道

また、長文になってしまいました。
龍馬さんの記事になると、抑制・整理が出来ず
ごめんなさい。

ランタンフェスティバル記事は、週末UPかな~

| 2014年お出かけ | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長崎(龍馬巡礼の旅)

7日 12:15

龍馬さんの作った「亀山社中」と
長崎 龍馬像見学、近藤長次郎(饅頭屋
長次郎)さんの墓参りを、日が暮れる
迄に。

龍馬さんが武器商人として、暗躍し
明治維新のお膳立てをした土地です。
龍馬さん痕跡マップ。
4_convert_20140217223022.png
 
 幕府の長州征伐に対抗できるだけの
蒸気船、武器、弾薬をグラバーから
長州へ仲介し、勝利させる為、又、幕府
との天下分け目の、合戦を想定したら
「亀山社中」の起業が、必要だった。


 と言うことで「亀山社中」を探します。
学生時代に訪れた場所ですが、当時は龍馬さん
ブームでは無く、建物も締め切られ、立ち入り禁止
だったので、是非とも訪れたい場所。

地図も持たず、”とりあえず階段を登ればどうにか
なるじゃろ
”と 寺町通りの深崇寺と禅林寺の間
墓地と民家に挟まれた階段を テクテク登ります。
IMG_2321_convert_20140218210755.jpg

案内標識を発見。龍馬さんのお導きか?(^^)
14-14.jpg 
写真では、階段が見えなくなってますが
階段が続きます。この階段「竜馬通り」と
書かれていますが、実は龍馬通りは、1本に
非ず。なだらかな小道もある事を、後から知り
ました。
IMG_2322_convert_20140218210918.jpg
海援隊士「陸奥」さんの看板発見。でもまだ
階段を上ります。
IMG_2320_convert_20140218210843.jpg 
近藤長次郎(饅頭屋長次郎)さんの看板。
海援隊の大番頭役。龍馬伝では、大泉洋さんが
演じられました。土佐、龍馬の生家のご近所出身。

この階段のドン着きに、案内表示があり、左に
顔を向けると、懐かしい「亀山社中」発見(^^V)
2-1.jpg
  
学生の頃は、屋敷には入れませんでしたが
「龍馬伝」を機に、長崎市が所有者と協議し
修繕、公開となりました。
長崎市伊良林2丁目7番24号 
開館時間 9:00~17:00 休館日/なし
入館料 一般300円、高校生200円、小・中学生150円

長崎市亀山社中記念館名誉館長 武田鉄矢 
   ※ へへへ!僕は極秘カードで250円で拝観
4555555_convert_20140218213828.png
・廊下から右は明治以降増築された部屋です。
・「社中」時代は「三和土」の部分が入口。
・床の間は、十畳の下側にありますが、明治以降
 の改築で、一旦上側に移動。龍馬伝大改修で
 当時の位置に、再移動されました。

縁側からの景色
きっと、海援隊の志士達が眺めていたであろう
と写真撮影。
IMG_2328_convert_20140218213910.jpg 
床の間には、龍馬肖像画と、刀(陸奥)、ピストル、
月琴、羽織等、ブーツなど全てが、模造品(^^)
 写真撮影禁止の部屋も、複製品ばかりで
バッタモンを置かず、殺風景な方が、当時を想像
出来るんとちゃうか?
 写真右下に、見切れた床柱は、龍馬さんが
よく持たれて座っていたと言われていますが
ワザと、カット!誰か見たんか(^^)
 床の間は和室のわびさびを醸し出す場所で
床柱はその顔に当たる場所。
わざわざ、行儀悪く床柱に持たれる必要はなく
且つ、龍馬さんが長崎滞在時間を考えると
後に客集めの方便として、作られたっぽ過ぎ。
IMG_2326_convert_20140218215149.jpg
「社中」を出て、更に右に15mほど進むと
出ました自虐的おじさんギャグの
龍馬のブーツ像(龍馬の仏像) 泣けてきます(^^)
 4-1.jpg
”像は、龍馬さんの足のサイズと同じで、履いて
龍馬さんを感じれるもの”と創造していましたが
全然想像外。
ブーツの前に白いもの。タバコです。
ジャイアント馬場さんが履いても、大きいはず。
この、像の目的は・・・・・・・たぶん僕が死ぬまで
謎のまま。
DSCF0032_convert_20140218221511.jpg 
以上「亀山社中記念館」。

亀山社中 資料館
ここは「平成18年3月18日に閉館した亀山社中跡
(現、記念館の事)に展示しておりました資料等を
有志が、移設し展示されている」場所です
161.jpg
事務局 亀山社中資料展示場 〒850-0802
長崎市伊良林2丁目9-2(記念館から歩いて3分)
TEL&FAX 095-828-1454
※ 基本、土日祝、又は、長崎のイベント期間開場

入場料:無料(寸志希望)
海援隊隊士の写真多数。幕末志士写真やら
手作り感一杯です。

幕末の模造資料を並べて、成立している
資料館より、個人的には好きです。
2013年のブログ記「そして、高知へ」で紹介した
高知市立龍馬の生まれたまち記念館」 
と、ええ勝負。味があります。「ランクA]です。
高知県立坂本龍馬記念館」や
霊山歴史館」の様に、金と政治力でお高く
”見せてやろう”的な雰囲気、皆無。
龍馬好きのボランティアさんの話が、抜群に
面白い
(但し、話しかける勇気が必要)
 152.jpg
入館された、芸能人のサイン多数。
上の写真の「赤白赤」の旗が「海援隊の隊旗。
どこかで見た様な気がしませんか。
1-55.png 
そう、ソフトバンクの孫社長は、龍馬さんの
信者で、見学に来られてました(^^)
見学者名簿に「孫正義」としっかり記名され
あのソフトバンクの孫さんですか”とボランティア
さんが確認されりと ”気のせい。他人のそら似
と答えられたとか(^^)かっちょえ~。
さだまさしさんのサインもありました。

若宮稲荷神社
亀山社中 資料館から、長崎龍馬像が建つ
風頭公園へ上る途中、若宮稲荷神社発見。
「社中」から近い神社で「お稲荷様」
=”商売祈願で海援隊士も、立ち寄ったか”と
寄り道すると、ちんまい龍馬像と対面出来ました。
長崎 龍馬像のモデルだそうで、記念写真パシャ。

5-.jpg 


風頭公園
 小雨降る中、汗だくで、ゼイゼイ、ヒーヒー(T T)。
コートを脱ぎ、クールダウン。寒くなると、又コートを
羽織る繰り返し ええ加減、疲れてくると、道の端
から龍馬さんの視線を感じ、ファイト一発。
785256_convert_20140218231511.png
右に左に曲がり、坂道を上り、階段の数を数え
やっと、風頭公園入口に到着。
 龍馬の姿なし・・・・・。
公園内の階段、坂道、小道を歩き、今度こそ
龍馬の後ろ姿を確認。その後ろにイチャイチャ
カップルも、確認・・・・・・。

龍馬さんと語ろうとしていると、そげん可愛いとか
綺麗でもないけど、幸せたっぷりな娘さんに
スマホで撮影を頼まれ快諾。すると、彼氏さんから
デジカメで撮影を頼まれ、揚句、構図指定で撮り直し
させられ。
 やっと龍馬さんと話ができると思ったら、小雨が
土砂降りの雨に・・・・。
 今回の旅は、不吉・・・。

気を取り直せないまま、長崎 龍馬像を記念撮影。
海援隊 隊旗も雨で、垂れ下がり状態(゚´Д`゚)゚
13.jpg 
土佐 龍馬像に続いて、ええ顔してます。
DSCF0045_convert_20140218233222.jpg 
幕末巡礼地にはお約束の「司馬遼太郎」さんの
石碑が、長﨑 龍馬像の脇にも、ありました。
DSCF0046_convert_20140219221752.jpg 

幕末の志士たちの写真を撮り続けた、小野彦馬
さんのお墓は、龍馬像のすぐ脇にありますが
志士以外のお墓は、少し怖いのでパス。

この後は下るだけだったのですが、「社中」を
探し回る観光客さんに、道を尋ねられる事3度。
1組目は、カップルさんで、冷たく口頭説明。
2組目は、男若い衆4人組。「社中」から近場で
尋ねられたので、チョチョイのチョイで、現地迄
案内。
3組目、初老の夫婦?65歳位は初老でしょうか。
僕と同じ、階段コースを上られようとされており
坂コースを口頭で説明。しばらく様子を見てたら
完全迷子状態。「社中」迄ご案内。
 お礼に「社中」スタッフから、お客さんが忘れた
傘1本と、案内した夫婦さんから1000円。
1000円は流石に、お断り。住所を尋ねられ
ましたが、貢物が届くと面倒なので、いい人を
演じ、「1日3膳で」気持ち良く下山。

但し、足が・・・つりそう。

龍馬さんに関しては、どうしてもハイテンション
になり、長文になります。

御免なさい


明日か明後日に続く。
ではおやすみなさい。

| 2014年お出かけ | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。